キレイ肌になるスキンケアの方法は、女性にとって一番関心があることでしょう。私は男ですが、ものすごく関心がありました。
と言うのも、私は色白なんです。
色が白いというとよく「うらやましい。」とか言われますが、いいことなんてひとつもありません。
夏なんか地獄です。ちょっと泳ぎに行ったりするだけで、
ズルむけの水ぶくれになります。

しかも、超敏感肌、超乾燥肌なんです。よくサウナに行くんですが、そのとき洗顔料を忘れるともう悲惨です。やっぱり、顔を洗ってスッキリしたいじゃないですか。だから、そのサウナの備え付けの洗顔料を使うんです。でも、使ったら最後、むちゃくちゃ突っ張るし、ヒリヒリ痛いし最悪です。
私の肌は、しみやしわなど肌トラブル以前の問題でした。

そこで私は、スキンケアについて、真剣に調べてみました。その結果、これまで聞いたり調べたところによると、どうやらキレイ肌になるスキンケアは水に深く関係があるようです。

私たち人間は、水が無いと生きていけません。当然、飲料としても必要ですが、体の機能を正常に働かせるためにも必要不可欠なのです。

よく「どんな肌が理想ですか?」と尋ねると「赤ちゃんの肌」と言われます。確かにプニプニしてて気持ちがいいものです。皮膚の構造も同じなのに、なぜこんなにも違うのでしょうか?

赤ちゃんの体は80%が水分です。これは、生きるのに必要なのはもちろん、これから細胞が成長するために必要だからです。ところが成人して年を重ねるとドンドン体内の水分は少なくなっていきます。

水分が少なくなる原因はいくつかあります、そのひとつがヒアルロン酸です。体が水分をためるためにヒアルロン酸というものがあるんですが、これが減っていきます。
20歳を100%とすると、30歳で65%、50歳になるとわずか45%になります。そのため、乾燥化が進み、肌が本来持っているターンオーバーや回復力、バリア機能が衰え、しみやしわが出来るのです。
野菜でも水がなくなるとシワシワになったり、色が変わりますよね。それと同じです。

また、多くの人はしみやしわができるとエステに行ったり、高級化粧品を使ったりします。確かに効果はあるでしょうが、その前に原因である乾燥肌をスキンケアで改善して、肌を健康な状態を保つほうが効果的です。そうしないと、せっかく一時的に改善してもまた同じトラブルが発生します。

つまり、肌に水分を補給することによって、肌を健康な状態に保つのが先決なのです。

よく「風邪は万病のもと」と言いますが、乾燥も風邪と同じように「乾燥は、肌トラブルのもと」です。
だから、水分をたっぷりと肌に与えてください。ただ与えるだけだと過乾燥を起こして以前より悪化しますので、水分を維持するために良質で適度な油分が必要です。

だから、私が考えるキレイ肌になるスキンケアとは、たっぷりと水分を与えると同時に、その水分を維持するために良質で適度な油分を配合すると決めました。

そして、これらの疑問点を解消できる化粧品作りを始めました。