界面活性剤とは、水溶性と油溶性の性質を持っている原料のことを言います。主に水と油を安定させる働きがあり、私達の体内にも界面活性剤は存在します。

界面活性剤は、水と油の混ざった状態を維持するという非常に貴重な特性を持っているため、ほとんどの化粧品に配合されています。

簡単に言うと、ドレッシングを思い浮かべてください。ドレッシングも水と油で作られています。その証拠に2層に分かれています。だから、使う前に良く振りますよね。
そうすると、一時的に水と油が混ざります(乳化)。ところが、放っておくと、元の水と油に分かれてしまいます。
でも、界面活性剤を使うと、油分と水分が混ざった状態を長時間維持させることができます。

このように、界面活性剤は大変優れた機能を持っています。でも、界面活性剤にはひとつだけ問題があります。その問題は、界面活性剤の種類です。界面活性剤は、自然界に存在するものもあれば、人の手で作られている物もあります。
それら界面活性剤の中で、私が配合したくないのは、「石油系界面活性剤」です。

「石油系界面活性剤」とは、その名のとおり石油から作られた界面活性剤です。自然界に存在する界面活性剤よりもはるかに水と油の混ざった状態を長時間維持する働きがあります。

また、「石油系界面活性剤」は、泡立ちを良くする目的でも使われます。
泡立ちがいいと、汚れがよく落ちるように思います。でも、本当は、『泡』と『洗浄力』はぜんぜん関係ありません。
泡の役目は、洗顔をする際に、肌への摩擦を軽減するクッションの役割だけです。

でも、泡立ちがいいと「汚れが落ちている」と感じるので、洗顔料にも石油系界面活性剤が使用されています。
だから、やたら泡立ちはいいのに汚れが落ちない洗顔料ってありますよね。

このように石油系界面活性剤は化粧品を作る際、便利で欠かせないものなんですが、最近、危険だと言う声も出てきました。石油系界面活性剤は、肌のバリア機能を弱めたり、たんぱく質を変質させたりする危険性があると言われています。

また、石油系界面活性剤が河川に流れて、ヘドロの原因になったり、魚のエラにつまったりと環境汚染の一因にもなっているとも言われています。

だから、私は石油系界面活性剤を配合せずに作ることを決めました。